読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚醒夢を見た。

去年の年末に茂木さんの「生きて死ぬ私」という本を読みました。

その中に、
覚醒夢という現象についての説明がありました。


ちなみに覚醒夢とは

私たちは、普通、夢の中で受身の存在である。だが、覚醒夢では、ある程度自分の意思で夢の成り行きをコントロールできる。


ということらしいです。
明晰夢という言葉で知ってる人も多いと思います。


続いて、覚醒夢を見るための方法として以下のようなことが書いてありました。

ただ、昼間覚醒している時に、自分に次のような問いかけをするのだ。

今、私は本当に目覚めているのだろうか?
今、私が目の前に見ている風景は、現実の風景なのだろうか、それとも、私の脳がつくり出した幻覚なのだろうか?

これと共にその本では茂木さんが覚醒夢を見たときの事も書いてあったり、夢日記をつけているということが載っていたので、とても興味を持つようになり、


そんなわけで、
自分も2007年になってからずっと手帳に自分が見た夢を記録して、たまに(3日に1回くらい)上で紹介した、問いかけを自分にしていました。


それを続けて、28日目。


つまり今朝のことなのですが、
珍しく早起きしたため(朝2時)
朝方眠くなってコタツでうたた寝をしていたところ
覚醒夢を見ることができました。


内容は同じくコタツで寝ていることから始まるのですが、
なんだか現実との違和感を感じ、ためしに首を振ってみると
まるでケータイで写メを撮ろうとしてカメラを立ち上げてケータイを素早く左右に振ったとき若干画像がゆがむ(今のケータイだとならないかもしれませんが。。。)あの状態になり、これは夢だなと気が付きました。


その後は何ができるんだろうと、
とりあえず、目の前を変えてみようとイメージをしてみると
なんか宇宙空間のような場面に変わり、宙に浮いたような感じになりました。
すると、なんだか平衡感覚がなくなり、なんとなく吐き気をもよおしたので
やっぱり戻ろうと思ったら、元の部屋に戻りました。
そして、もう起きようと思って、
起きろーと思ってもなかなか起きず、ちょっとあせりだしたら起きるといった感じでした。


なんか、夢の中でも意識的に活動できるのなら、
夢と現実ってそんなに違いがないのではないか?なんて思ったり。


何か奇抜なアイデアを考えたいときに夢の中で考えると
常識では考えられないようなことが発想できそうですよね。
これからはそういったことに使っていきたいなと企んでます。


まだ覚醒夢を見たことのない人には
上記で紹介した方法を使って、覚醒夢を見てみることをおすすめします。


参考:生きて死ぬ私