読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分がカッコいいと思う人は腹の虫で動いているということに気が付いて、思わずエントリにしたというお話。

読書 戯言

昨日は初給料日でした!!!
いや〜、ありがたいですねぇ。


最近、自分の中でこの人カッコいいなと思う人が二人います。*1


一人は、ローランド・ベルガーの遠藤功さん、
もう一人は、 Mother House の山口絵理子さん
です。


遠藤さんの方を知ったのは、以前、早稲田のビジネススクールの講義を聴いたことがあって*2
欧州最大のコンサルティングファームの日本の会長でありながら、
コンサルタントっぽくない*3地道とか現場、ねばちっこいとか、
そういったキーワードを熱っぽく語る遠藤さんの姿が非常に印象に残ったので、
その後、思わず「プレミアム戦略」を買ったりしてむしゃむしゃと読んだりしました。



そして、山口さんは、情熱大陸を見てからカッコいいと思い。
「裸でも生きる」という本を買ったり、実際に Mother House で買い物したりと、
半ば追っかけみたいになってました(汗


で、そんな僕を見た師匠が、
「山口さんのどこがいいの?ああいう人他にもいるでしょ?」とおっしゃったのですが、
僕は、「あぁ、そういわれてみればそうかもしれません、う〜ん、どうなんでしょうねぇ(汗」
と思わず詰まってしまいました。


結局、上手い答えが見つからず悶々としていたのですが、
昨日、「Think !」って言う本を買ったんです。
で、その本の中にその答えがありました。


偶然なのかなんなのか、遠藤功さんがトップに出ていて、
キャリアに関することを話されていたのですが、
読んでいくと、遠藤さんがなんと山口さんのことを紹介しているのです。


話の内容を、思いっきりざっくりと説明すると
遠藤さん的には「キャリアとは、常に想定外のことが起こるからこそ面白く、そんな中を内在的主観*4を元に動いていくべきだ」
ということをおっしゃっていたのですが、
その腹の虫(=内在的主観)を動いている人の例として、
山口さんを挙げていたということでした。


そうか、
遠藤さん、山口さんの二人が妙にいいなぁと思っていたのは、
腹の虫で動いているということを無意識の内に感じ取ったんだろうなぁと、
妙に納得して、こうして自己満足エントリまで書いた今日この頃でした。


まぁ、ほんとざっくりとしか説明していないので、
興味のある人は本を読んでくださいな。


裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

プレミアム戦略

プレミアム戦略

*1:もちろんもっといますけど、いわゆる便宜上ってやつです

*2:直接ではなくて、サテライトです

*3:あくまで僕のイメージですよ

*4:こうしたいんだっていう強烈な思いのこと、文中では腹の虫と表現されてました