緊張と弛緩の先にあるもの

久しぶりにプロフェッショナルを見ました。
今日は宮崎駿さん。


宮崎さんの制作過程での不機嫌ぶりを見ながら、
クリエイティビティは極度の緊張と弛緩の連続の過程において生まれるのだ、と思った。


崖の上のポニョ」見なくちゃ!